カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カモミール

一回くらい授業サボタージュしてみたい輝来です。
あぁ・・ブレザーやとキーボード打ちにくいのね・・・。
まだ制服かよ、って当たり前ですカラ。

テストが返ってきたよー\(^o^)/

○地学
思ってたよりは出来てた・・感動。
やれば出来る子ぢぁし。
最低点ではなかった・・・セフ。

●国表
まぁ勉強してないにしては出来た方?
もうちょぃ欲しかったケド。

問題は月曜に返ってくるであろう政経と化学。
欠点あったらバイト出来んし・・・!
もしウチだけ欠点でバイト出来んかったら悲しいコトこの上ない。。

明日はめずらしく出かけるかもしらん。





前世占いってーのをやってみました。
結構当たった。
長いです、てめーの前世なんざ興味ねぇって人は回れ右しましょう^^


○あなたの前世
あなたの前世は、ズバリ、

"海賊"です

階級は、15段階のうち、上から9番目の階級です

<足跡>
海戦の戦い方も変わり映えせず、特に大きな手柄も残さなかった、"平凡な海賊"だったようです。博学で、情報収集に力を入れていたので、合理的かつ効果のある戦術をとることができたようです。

<人物像>
誠実で、熱心ですが、回りくどいところがあったようです。いいかげんなことが大嫌いで、戦いの美学や時間には厳しかったようです。

<財産>
船や武器に巨額の富をつぎ込みすぎて、財産を食いつぶし、ふたを開ければ、ほとんど残っていなかったようです
運命は繰り返すものです。どことなく、あなたの未来をすりガラスで覗いていたのかもしれませんね。

○前世との因縁

<あなたが前世から一番強く影響を受けているものは>

"不安感"です

<内訳>
不安感★★★★
憎悪心★★
攻撃心★★
劣等感★★★★

○不安感について
前世から引き継がれた”不安”の記憶は、いくつかあるようです。全部が全部、前世のせいではなく、半分の不安は、性格からくる感情の不安定やさびしい思いをしたトラウマが原因です。
あなたが納得しやすいように、1つの解釈をお見せしましょう。

ついウソをついてしまうあなたは、実は両親がいつもケンカをしていて、そのとばっちりから、叱られてばかりで、ほめられたことがないのです。あなたは叱られることに非常に恐怖心があり、悪くないときでも言い訳やウソを言っています。また、親から認められたいという欲求が強く、自分をよく見せ自分に興味を向けようとウソを言っているのです。前世において、両親を早くになくし、比較的裕福な親戚にひきとられましたが、雑用をする召使いとして、まったく愛されることがなかったのです。その不幸な感情が現世のあなたに得体の知れない不安として襲われているのです。

○憎悪心について
前世からの”憎しみ”の記憶はほとんどないようです。前世においても現世においても、憎しみという感情とは縁がないようです。
あなたが納得しやすいように、1つの解釈をお見せしましょう。

遠慮深くいつも自分を犠牲にするあなたは、実は人一倍競争心が強く、自己中心的であることが多いのです。前世において、策略家であり、表舞台では戦わず、裏で手を回し、数多くのライバルを破滅させた、その憎悪の念が現世のあなたの潜在意識に働きかけているのです。大げさで不自然でしつこい行動をとってしまったときは前世の見えない意思に操られているのかもしれません。

○攻撃心について
前世の"攻撃的な感情"は、あなたの潜在意識にあまり記憶されていないようです。もし、自分を失うほどカッとなることがあれば、それはあなたのコンプレックスが原因でしょう。
あなたが納得しやすいように、1つの解釈をお見せしましょう。

臆病と答えたあなたは、実は他人に対する”憎しみ”や”やっつけたい”と思う気持ちを認められずに自分自身から逃げているだけなのです。前世において、宿敵から復讐され、死ぬほどの恐怖を経験したことがトラウマとなり、自分の攻撃したいという気持ちを他人にすりかえてしまい、逆に他人から攻撃されたり、憎まれたりしているのではないかと思えてくるのです。これがだんだんエスカレートすると、被害妄想に悩まされ、前世体験の仕返しと混乱して、衝動的に人を傷つけてしまう恐れが出てくるでしょう。

○劣等感について
前世の劣等意識をいくぶんか受け継いでいるようです。知らず知らずのうちに「得意」と「苦手」を自分に思い込ませてしまっているのも前世の影響かもしれません。
あなたが納得しやすいように、1つの解釈をお見せしましょう。

やる気がないと答えたあなたは、実は外からの報酬がやる気を低減させているのです。つまり、”ほうび”を与えることにより、「これが好きだから」から、「報酬を得るため」に動機が変化してしまうのです。前世において、天才画家といわれ、次々と素晴らしい作品を残しながら、いつしか、報酬のために作品を描くようになり、最終的には、自分を失った悲劇が、あなたに語りかけ、強い拒絶を起こしているのです。人間は楽しんでものごとに熱中する時には、苦手とか、やる気という自己暗示のスイッチが切れて、どんな分野でも得意になってしまうのです。自信のあるなしは、たんなる思い込みにすぎないのです。


一部自主規制w
あぁ・・確かに被害妄想激しいですけどね・・。
昔はメール送るのトカもかなり葛藤しましたからね・・・・。
気になる人は探してみやうw
[PR]
by giegiyu | 2006-10-20 21:26 | 日記